ビューティ

サロンモデル部門はショートヘアが似合う香耶バロウズが1位! 「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

  年1回の恒例企画、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師148人に、各カテゴリーで「2020年下半期~21年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 その中の1部門として「サロンモデル部門」を設け、「今イチオシのサロンモデル」を聞いた。その結果、得票数1位は雑誌や広告などで活躍するモデルの香耶バロウズさん、2位はモデルのしおたあやのさん、3位はモデルの鈴木凪沙さんとなった。

 香耶バロウズさんの魅力について、推薦した美容師の1人であるかえで「コクーン(Cocoon)」スタイリストは「ナチュラルでかわいいうえに、さまざまなジャンルの服を着こなせるし、いろいろチャレンジしてくれる」と回答。同じく推薦者である松村果穂「コクーン」アシスタントは「肌がきれいで何もしなくても透明感がある」と話す。

 香耶バロウズさんは、受賞に際し「サロンモデルになったきっかけは、街でかえでさんにモデルハントされたこと。それ以来、何度も一緒に撮影している。ロングだった髪をショートにしてくれたのもかえでさん。事務所に入ってからは、サロンで撮影する機会は減ってしまったけれど、サロンモデルの仕事はスタッフさんとの距離が近いので楽しい。ビーガンやサステナブルに興味があるので、将来はファッション業界で関連した仕事に就きたい」と語った。

 なお「2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果発表を行う「WWDJAPAN」8月23日号の表紙は、香耶バロウズさんをモデルに、かえでスタイリストがヘアを、松村アシスタントがメイクを担当して撮り下ろした。ヘアのポイントはクセとパーマを生かした濡れ髪、メイクのポイントは素肌を生かしたナチュラルな艶感だ。

 2位のしおたあやのさんは、美容誌やファッション誌などで活躍するモデル。インスタグラムでのメイク解説や、“#しおたとカフェ”でつづるカフェ巡りの投稿も人気だ。

 3位の鈴木凪沙さんは、SNSに投稿するファッションコーデやヘアスタイルが常に注目を集めるモデル。安定した人気で毎回ランクインするが、僅差でトップを逃がしており、今回も同様の結果となった。

 なおここで言う“サロンモデル”とは、(2020年下半期~21年上半期の間に)“美容師とサロン関連の撮影を行ったことのあるモデル”のことを指す。


9月7日に「WWDJAPAN」がオンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」
を開催(視聴無料)

 9月7日(火)20時より、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の傾向分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」のライブ配信を行うので要チェック!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら