ビューティ

「ラッシュ」が“ユニコーンのうんち”のバスボムを限定発売 実験的ポップアップを開催

 「ラッシュ」は10月15日まで、原宿店の2階でポップアップイベント「ラッシュラボ」を開催する。同ブランドのアプリ「ラッシュラボアプリ(LUSH LABS APP)」と連動し、実験的なプロジェクトを体験できるリアルな場として設ける。今後も3カ月ごとにプロジェクトの内容を変えながら継続的に行う予定だ。

 「ラッシュラボアプリ」は、バス(お風呂)カルチャーに革新を起こすプロジェクトを実験的に行う場として、自社開発したアプリ。パッケージがないネイキッド製品にスマホやタブレットでカメラをかざすと、AI機能が商品を認識し、原材料情報や製品使用方法の動画、バスボムが溶ける様子が分かる動画コンテンツなどを提供する。通常はパッケージやパンフレット、店頭ポップ、実演などを用いて発信するものをアプリで行っており、これを“デジタルパッケージ”と名付けている。ごみを生み出さないサステナブルな取り組みの一環だ。

 今回アプリをリアルなポップアップスペース「ラッシュラボ」と連動させたほか、限定品を購入できるようにアップデートした。第1弾イベントでは、限定品“ユニコーン プープ”シリーズの世界観を体験し、購入できるようになっている。「ユニコーンプープ(ユニコーンのうんち)」を表現したカラフルなバスボムや石けん、バブルバー、自分だけのバスアートが作れるグリッターをそろえる。また4製品をセットにした“ユニコーンプープ ボックス”(税込5000円)もアプリ限定で販売する。ボックスには製品に加え、ブランドとして初となるNFTアートが手に入るカードも同封。イベントスペースでは、アプリ上のゲームをクリアすることで獲得するコードを入力しないと開かない部屋などが登場する。