ファッション

オーストラリア森林火災の動物救援のためのコアラ型ソープが即完売 急遽チャリティイベントを開催

 英国を拠点とし、世界48の国と地域でビジネスを展開する「ラッシュ(LUSH)」は、2月10日と11日の2日間、オーストラリア森林火災における動物救援活動を行っているNGO「ライフ インベスティゲイション エージェンシー(LIFE INVESTIGATION AGENCY)」(以下、LIA)を招き、「ラッシュ 新宿店」でチャリティーイベントを緊急開催する。

 入場無料で、このイベントが開催される2日間における、「ラッシュ 新宿店」でのハンド&ボディーローション「チャリティポット」の売り上げ全額(消費税を除く)は全てLIAに寄付され、オーストラリア森林火災における動物救援活動に充てられる。

 LIAは今年1月中旬に現地入りし、現在はオーストラリア南部のカンガルー島の森林火災現場で野生動物の救援活動を行っている。カンガルー島は面積の約3分の1に当たる15万5000ヘクタール以上が火災にのみ込まれ、その被害は甚大。今回のチャリティーイベントでは、まだまだ救援活動が続く中、被災地の状況や現地での活動を報告する。

 「ラッシュ」では1月29日から、売り上げの全額(消費税を除く)がオーストラリア森林火災で被災した野生動物救援と生息環境再生に活用される、チャリティー限定商品のコアラ型ソープ「オール ザ ワイルド シングス ソープ」を全国84店舗とオンラインショップで発売したが、オンラインショップでは発売開始から1時間以内、店舗でも1週間で全店完売した。

 このように、オーストラリア森林火災に関する関心や支援を望む声が日本で高まる中、ラッシュジャパンでは、日本の団体が直接的に現地での救援活動を行っているアクションを支援することが急務であると捉え、緊急性をもってLIAとのチャリティーイベントの企画に至ったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら