ファッション

「バレンシアガ」がコアラのチャリティーTシャツを発売 オーストラリアの森林火災を受けて

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は1月13日、オーストラリアで続く大規模な森林火災の被害を受け、オーストラリアのコアラを描いたTシャツとフーディーを発売する。アイテムはユニセックスで、公式オンラインストアのみで販売する。商品の収益の100パーセントを、ケリング(KERING)と「バレンシアガ」のサステナビリティ専門家が選定した現地の保護団体に寄付する。

 この大規模な火災は昨年9月ごろに発生して現在も燃え続けており、森林に生息するコアラやカンガルーなどの動物たちにも甚大な影響と被害が及んでいる。

 「バレンシアガ」の親会社であるケリング(KERING)は9日に、「バレンシアガ」のほか「グッチ(GUCCI)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」などのブランドから支援金として100万豪ドル(約7500万円)を寄付したことを発表した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら