ファッション

「バレンシアガ」がコアラのチャリティーTシャツを発売 オーストラリアの森林火災を受けて

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は1月13日、オーストラリアで続く大規模な森林火災の被害を受け、オーストラリアのコアラを描いたTシャツとフーディーを発売する。アイテムはユニセックスで、公式オンラインストアのみで販売する。商品の収益の100パーセントを、ケリング(KERING)と「バレンシアガ」のサステナビリティ専門家が選定した現地の保護団体に寄付する。

 この大規模な火災は昨年9月ごろに発生して現在も燃え続けており、森林に生息するコアラやカンガルーなどの動物たちにも甚大な影響と被害が及んでいる。

 「バレンシアガ」の親会社であるケリング(KERING)は9日に、「バレンシアガ」のほか「グッチ(GUCCI)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」などのブランドから支援金として100万豪ドル(約7500万円)を寄付したことを発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら