ファッション

“パンテール ドゥ カルティエ”のキャンペーンフィルムが公開 新アンバサダーのエラ・バリンスカも出演

 「カルティエ(CARTIER)」はアイコンウオッチ“パンテール ドゥ カルティエ(PANTHERE DE CARTIER)”のキャンペーンフィルムを公開した。フィルムには香港の女優、カレン・モク(Karen Mok)や中国人俳優のチャン・チェン(Chang Chen)、アナベル・ウォーリス(Annabelle Wallis)、マリアカルラ・ボスコーノ(Mariacarla Boscono)をはじめ、昨年11月に新しく就任したイギリスの女優、エラ・バリンスカ(Ella Balinska)らブランドアンバサダーが出演した。各アンバサダーを同時に起用するのは初の試み。

 撮影は世界中を舞台に行われ、出演者たちはそれぞれの個性に合ったコレクションを着用した。「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」や「エルメス(HERMES)」「リモワ(RIMOWA)」のキャンペーンでも活躍するドイツのビデオグラファー、ジョナス・リンドストローム(Jonas Lindstroem)が映像を手掛けた。

 アルノー・カレズ(Arnaud Carrez)「カルティエ」インターナショナル・マーケティング&コミュニケーション・ディレクターは「“パンテール”のスピリットを体現したアンバサダーが集結したこのフィルムを公開できることにわくわくしている。“パンテール”の壮大なストーリーをみなさんに共有し続けることができ、非常にうれしい」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら