ビューティ

メンズ部門は「エヌドットオム」が3連覇! 「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

 年1回の恒例企画、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師148人に、各カテゴリーで「2020年下半期~21年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 メンズ部門では、ブランドで見ると「エヌドットオム(N.HOMME)」が3連覇を達成。今回は“シアクリーム”が1位、“ジェルバーム”が2位となり、ワン・ツー・フィニッシュを果たした。アンケートのコメント欄には、「適度なウエット感」「適度なセット力」などを評価するコメントや、「落としやすくて使いやすい」「世代を問わず使いやすい」など“使いやすさ”に触れる声が目立った。“シアクリーム”はクリームワックスとジェル、“ジェルバーム”はジェルとワックス、異なる基材の“いいとこ取り”が生み出す絶妙な“適度感”が、メンズの心をとらえているようだ。3位は「ルベル(LEBEL)」の“ジオ スキャルプシャンプー アイスミント”。特定の季節に焦点を絞った製品は、年間通して一定の需要がある製品と比べて(ランクインするうえで)ハンデがある。しかしそのハンデを乗り越えるほど、独特のひんやり感、頭皮へのアプローチ、汗や皮脂臭のケア力が評価されたようだ。(全てサロン専売品で、価格は編集部調べ)

 なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を11部門に分類し、50軒の美容師148人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

メンズ部門

1位 “シアクリーム”

「エヌドットオム」

 クリームワックスをベースにジェル基材を配合。滑らかで操作性がよく、ワックス特有のゴワつきを抑える。ドライの状態で髪になじませてスタイリングできるし、セミウエットの状態で使用することでスタイルのベース作りもできる。アンケートの回答には、「適度なセット力があり非常に扱いやすく、短髪からミディアムヘアまで幅広く使えることが魅力」「シャンプーですぐ落ちる。伸びがいいので少量でも使いやすい」といった声があった。(100g、税込1980円)

2位 “ジェルバーム”

「エヌドットオム」

 ジェルをベースにワックスを加えた柔らかな質感で、しっかりとホールドする。ウエットもしくはセミウエットの状態でつけ、スタイリングするのがおすすめ。アンケートの回答には、「テクスチャーのほどよい硬さと柔らかさのバランスが絶妙」「誰にでも簡単にサロン帰りを実現できる。艶感が最高!」といった声があった。(100g、税込1980円)

3位 “ジオ スキャルプシャンプー アイスミント”

「ルベル」

 過剰な皮脂をコントロールし、ベタつきを抑え、清潔な頭皮環境と扱いやすい髪に整える。爽快な使い心地で、潤いを残しながらニオイの元までさっぱりと優しく洗い上げる。アンケートの回答には、「清涼感があり頭皮ケアもできる。特徴的な製品なのでアピールしやすい」「強烈な清涼感がとても気持ちよく、タバコのニオイなども消してくれるのが良い」といった声があった。(320mL、税込1980円)


9月7日に「WWDJAPAN」がオンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」
を開催(視聴無料)

 9月7日(火)20時より、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の傾向分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」のライブ配信を行うので要チェック!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら