ビューティ

ヘアカラー部門はデッドヒートのすえ「イノア」が制す! 「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

 年1回の恒例企画、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師148人に、各カテゴリーで「2020年下半期~21年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 ヘアカラー部門は、全12部門の中で1番の接戦だった。特に1位と2位は、最後の1サロンのアンケートを確認するまで順位が決まらないようなデッドヒートのすえ、「イノア(INOA)」が制した。2位は、前回(2020 ヘアサロン版ベストコスメ)トップだった「オルディーブ アディクシー(ORDEVE ADDICTHY)」。アンケートの回答に、「イノア」は仕上がりの“艶感”を、「オルディーブ アディクシー」は“発色”を評価するコメントが多かったのが特徴的だ。3位には、資生堂プロフェッショナルの「アルティスト(ULTIST)」が初めてランクインした。透明感を表現できる高性能ヘアカラーが多数登場し、“ヘアカラー戦争”などといわれるようになって以来、1~3位は「オルディーブ アディクシー」「イノア」、そしてウエラ プロフェッショナルの「イルミナカラー(ILLUMINA COLOR)」が占める“3強時代”が続いていた。そのため、ここでその一角が入れ替わったインパクトは大きい。ウエラ プロフェッショナルは、「コレストン パーフェクト +(KOLESTON PERFECT +)」という人気ヘアカラーブランドも持っているので、票が割れてしまったようだ。

 なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を11部門に分類し、50軒の美容師148人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

ヘアカラー部門

1位 “イノアカラー”

「イノア」

 オイルを主役とした新しい染毛システムを採用。オイル・デリバリー・システムによって薬剤の浸透が効率化し、ダメージの軽減につながっている。アンモニア無配合で刺激臭を軽減した。アンケートの回答には、「オイルテクノロジーでツヤツヤに仕上がる。発色も良く、グレイヘアもしっかり染まる。ヘアカラー独特のツンとしたニオイがなく、塗布時間も放置時間もお客さまに快適に過ごしてもらえる」「オイル成分による効果か、髪がまとまりよく仕上がる」といった声があった。

2位 “オルディーブ アディクシー”

「オルディーブ」

 日本人の髪特有の赤みを消すことで、彩度の高い外国人風のカラーをより美しく仕上げる。上質かつ繊細な質感表現もかなえる。アンケートの回答には、「高明度領域でも色の発色が良いのでおすすめできる。色落ちもきれい」といった声があった。

3位 “アルティスト”

「アルティスト」

 資生堂プロフェッショナルのヘアカラーシリーズ“プリミエンス”から、2月に登場した新ブランド。資生堂独自のテクノロジーを搭載し、ヘアカラーとケア効果を両立。髪をダメージから守り、美しい髪色を何度でも楽しむための基盤を整えることで、艶やかな発色を持続させる。アンケートの回答には、「ブリーチ毛に使うとあり得ないくらいきれいな色が出る。テクスチャーも柔らかく塗りやすい」といった声があった。


9月7日に「WWDJAPAN」がオンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」
を開催(視聴無料)

 9月7日(火)20時より、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の傾向分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」のライブ配信を行うので要チェック!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら