ビューティ

東京の人気サロン美容師が提案する秋冬ヘアカラートレンド 寒色系も暖色系も多様化

 最近のヘアカラーのトレンドといえばアッシュ系を中心に寒色系ヘアカラーが定番になっているが、秋冬はピンク、レッド、オレンジといった暖色系の人気も高まる時季。今回ヘアカラーに定評のある齋藤剛「ダブ(DaB)」代官山店 副店長やACO「コクーン(Cocoon)」ヘアスタイリスト、MANAMI「シャチュー(SHACHU)」スタイリスト、山下純平「ナヌーク(nanuk)」ディレクターの4人の人気美容師に、この秋冬に提案したいトレンドカラーを表現してもらった。正面、横、後ろからカラーをチェック。

今回提案したのはバレイヤージュ(均一ではなくグラデーションをつける塗布法)で立体感を出したラベンダーアッシュ。最近はレイヤースタイルも増え、明度差による立体感のあるヘアカラーが求められている(齋藤「ダブ」代官山店 副店長)。 PHOTO BY TAKUYA NAGATA

赤味のないゴールドヘアで、根元は暗めにすることで適度にメリハリのある立体的なヘアに仕上げた。デザイン的にはハイトーンでも根元は暗めがトレンド。ただ、根元も地毛の黒いままではなく、少しだけ明るめのカラーにすることがポイント(ACO「コクーン」ヘアスタイリスト)。 PHOTO BY YOHEI KICHIRAKU

ワインレッドのような深い暖色系は秋冬のファッションともマッチする。今回は前髪と根元だけ暗くしてコントラストをつけているので、色落ちする過程も楽しめる。ファッション同様にヘアカラーを楽しむ傾向はまだ続きそう(MANAMI「シャチュー」スタイリスト)。 PHOTO BY YOHEI KICHIRAKU

極力赤みを抑えた艶感のあるブラウンを提案。今だとブラウン系は敬遠されがちだが、赤みを抑えた上質なブラウンなら提案しやすい。特に20代中盤~30代にとって艶感はマストなので、ブラウンならそうした質感もキレイに表現できる(山下「ナヌーク」ディレクター)。 PHOTO BY YOHEI KICHIRAKU

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。