ビューティ

ヘアサロンという空間の凄まじさ 「今週の特集お届け隊」2021年8月23日号

 発行している「WWDJAPAN」は、ファッション&ビューティの潮流やムーブメントの分析、ニュースの深堀りなどを通じて、業界の面白さ・奥深さを提供しています。巻頭特集では特に注目のキーワードやカテゴリー、市場をテーマに、業界活性化を図るべく熱いメッセージを発信。ここでは、そんな特集を担当記者がざっくばらんに振り返ります。(この記事は「WWDJAPAN」2021年8月23日号からの抜粋です)

中村:今年で11回目のヘアサロン版ベスコスですが、今回ほど、ご時世が反映されたのは初めてでした。

村上:というと?

中村:この1年、コロナの影響もあって、ハイトーンブームがますます顕著ですが、シャンプー部門とトリートメント部門インバスの1位と2位、など、ブリーチ毛に対応したアイテムが軒並みランクインしました。

村上:面白いね。なんでこんなに皆、ブリーチしてハイカラーなんだろう?

中村:美容師さんが口々に言うには、「お家時間が長くなって、周りの目を気にしなくて良くなったので、チャレンジしたかった人がこぞってやっている」と。

村上:確かに僕もブリーチして色を入れたとき、店内は座席を減らしているとはいえ満席で、み〜んな髪を染めてた。

中村:村上さんは今、見事なピンクですよね。

村上:「WWDJAPAN」では、ありがたいことにヘアカラーのタイアップ広告がすごく増えていて、「自分も試してみようかな?」って思ったというビジネス的な理由も大きいけれど、「髪の色が変わると、ファッションも変わるのかな?」と自分で検証してみたかった。今のところ、僕は何も変わってないけれど(笑)。でも、大概の人は絶対に変わると思う。

中村:ヘアサロン「グリコ」のエザキヨシタカさんは店舗で服を売っていることで有名ですが、お客さんがどんな髪の色にするかを事前に聞いておいて、合う服を2、3着用意して提案すると、「ほぼ全員買ってくれる」と言っていました。

村上:そこ、ビジネスチャンスあるね。なかなかの単価の製品を買う人が大勢いるわけで、ヘアサロンという空間の凄まじさを感じるよね。ブリーチしてカラーを入れてカットすれば2万円くらいになるし、さらに髪色に合わせて5000円くらいのシャンプーなどを買っている。サロンでのコミュニケーションを研究したら、販売に携わる人たちに貢献できそう。

中村:確かに。やりましょう!とにかくコミュニケーションがしやすいんですが、それが売れる秘訣ですよね。毎回2〜3時間接するわけで、お客さんと正面から向き合わないといけない。信頼関係が築けないと生き残れませんね。役立つ情報は多いと思います。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら