ビューティ

齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン 自らアピールしないコスメブランドのエシカルをそっと見つけ出す悦楽

有料会員限定記事

 WWDJAPAN」には美容ジャーナリストの齋藤薫さんによる連載「ビューティ業界へオピニオン」がある。長年ビューティ業界に携わり化粧品メーカーからも絶大な信頼を得る美容ジャーナリストの齋藤さんがビューティ業界をさらに盛り立てるべく、さまざまな視点からの思いや提案が込められた内容は必見だ。(この記事はWWDJAPAN2021年8月23日号からの抜粋です)

 今やあらゆる企業に“良心”が求められる時代、であるならばコスメブランドにはなおさら今まで以上に“情”のような“徳”のようなものを見たくなる。心震わすドラマが欲しくなる。過去に心を打たれたのは、例えば「ザボディショップ(THE BODY SHOP)」のPR担当者が「自分たちが休日に恵まれない子どもたちと遊ぶ」というボランティアをしていたこと。それも知ったのは偶然、大きくPRすることなく粛々と行っていたことに感動すら覚えたものだった。

 そんなふうに、キャンペーンとしてではない活動に化粧品会社としての良心を見つけ出すことに、ある種の喜びを感じるようになって久しいが、最近はさらに“物言わぬサステナブル”に新しい魅力を見いだすことで密かに悦に入っている。

 一つに、アルビオン発のユニークなアラカルトコスメ「イグニス イオ(IGNIS IO)」。最新作の「もち肌」と「マシュマロ肌」をそれぞれ瞬時に生み出すデイクリーム。仕上がりは見事だが、なぜ“ミニサイズ”?と思いきや、じつは30gたっぷりと入ってる。容器の大きさは一般的な30gクリームの半分ほどにしか見えないのだ。化粧品は見た目のコスパも重要で、明らかに損をしてる。なぜこんなに小さくしたのか? 一体なぜ?とても不思議だった。

この続きを読むには…
残り764⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら