ビューティ

「エルメス」のメイクアップライン第2弾は“ローズ・エルメス” 初のチークや専用ポーチが登場

 エルメス・インターナショナル(HERMES INTERNATIONAL以下、エルメス)は4月14日に、昨年3月に発売したメイクアップライン第1弾“ルージュ・エルメス”に続く第2弾“ローズ・エルメス”を発売する。製品はパウダーチーク、メイクブラシ、チーク専用ポーチ、リップスティックをそろえる。伊勢丹新宿本店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、阪急うめだ本店のポップアップのほか、ビューティ製品を取り扱う一部のエルメスブティックにて販売する。
 
 新たに登場するチーク“ローズ・エルメス ファー ア ジュ プードル ソワユーズ”(全8色、各8200円)は、シルクのようなきめ細やかで滑らかなテクスチャーが特徴で、透明感のある美しい仕上がりをかなえる。カラーはローズをテーマにした全8色をそろえ、香りは“ルージュ・エルメス”の香りも手掛けた香水クリエーション・ディレクターのクリスティーヌ・ナジェルが、アルニカとサンダルウッドの香調にグリーンティーをきかせた香りを新コレクションのために生み出した。ホワイトとゴールドを基調としたケースは、チークを収めた円をあえて中心からずらしたデザインで遊び心を加え、曲線で女性らしさを表現。ケースは繰り返し使用でき、チークはリフィル(各4500円、発売日未定)交換可能となっている。そのほか、チークブラシ“ローズ・エルメス パンソー ファー ア ジュ”(1万100円)、トラベル用チークブラシ“ローズ・エルメス パンソー ファー ア ジュ ノマド”(5500円)、チークとチークブラシを収めるために特別にデザインしたポーチ“チークケース〈ポメット〉”(46万7000円)をラインアップする。

 さらに、レザーの手触りから着想を得たリップスティック“ローズ・エルメス ローズ ア レーヴル”(全3色、各7300円)も登場する。滑らかなテスクチャーは体温で溶けてしっとりとなじみ、唇を保湿しながら柔らかなマットな仕上がりをかなえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら