ビューティ

「ルージュ・エルメス」から2021年春夏リミテッド・エディションが到着 砂漠のロード・トリップを想起する3色

 エルメス・インターナショナル(HERMES INTERNATIONAL以下、エルメス)
は、メゾン初のメイクアップラインとして昨春デビューした「ルージュ・エルメス(ROUGE HERMES)」コレクションから、2021年春夏リミテッド・エディションを2月15日に数量限定で発売する。テーマは砂漠の風景に重なる鉱物の色合いやはかなく消える楽園、色鮮やかな蜃気楼など。価格は各8000円で、エルメス銀座店、エルメス 阪急うめだ本店、エルメスヒルトンプラザ店、エルメス ジェイアール名古屋タカシマヤ、エルメス オンラインブティックなど、エルメスブティックを中心に取り扱う。

 カラー展開は、アンバーの色味が太陽に照らされた熱い砂を感じさせる“ベージュ・エブルイ”、南国の花ブーゲンビリアを思わせる“ローズ・オアシス”、燃えるように鮮やかな黄色味がかった深紅“コライユ・アクア”の3色をそろえる。テクスチャーはバッグの革の質感から着想したサテン調で展開する。リップスティック部分のレフィルは交換が可能で、ケースは繰り返し使うことができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら