ビューティ

フェミニンゾーンケアブランド「アイム ラフロリア」がジムでポップアップを開催

 フェミニンゾーンケアブランド「アイム ラフロリア(I’M LA FLORIA)」を展開するメリア(MELLIA)は、ワークアウトスタジオ「グリットネーション 渋谷」で期間限定ポップアップショップを開催している。「アイム ラフロリア」全アイテムを用意し、期間は3月14日まで。「セルフラブ(自己愛)」をテーマに、世界水準の中でも低いとされている日本の女性の自己肯定感のアップを目指す。

 以前から「グリットネーション」に通っているという原由記メリア代表は、「『グリットネーション』はチームでともに場を楽しみながら体のバランスを整えることができる場所で、心から来てよかったと思える、背中を押してくれるトレーニングジム。私たちも女性の背中を押して毎日生き生きと活躍できるような提案をしたいと考えているので、シナジーを感じた。セクシャルウエルネスという言い方もしているが、その第一歩としてこういったコラボをすることでケアに加えて、内側から体もリフレッシュしてもらいたいという思いも届けたかった」と話す。

 和田由紀メリア代表は、「今までトレーニングをしたことがないという人もいると思うが、“トレーニングって面白い”“膣トレや膣ケアといった筋肉を鍛えると自分の健康状態が整う”という気づきになれば。心と体が整うことで、前向きになれたり、一歩踏み出すきっかけになれたりすることもある。ウエルネスという点で親和性のある所とコラボしていきたい」とコメント。

 メリアは「国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA」に賛同し、3月8日の国際女性デー当日には、“膣トレ”とよばれる膣とその周りのインナーマッスルである骨盤底筋を鍛えるピラティスとウォーキングのワンデーワークショップも開催した。

 なお、「アイム ラフロリア」は今年、多数のポップアップ開催を予定しているという。すでに大丸京都店(3月10〜23日)や大丸梅田店(4月7〜21日)での開催が決定している。原代表は、「直接ケア方法を知りたいというお客さまも多く、意識の高まりを感じている。指名買いはもちろん、デリケートゾーンケアが気になっていたという人の来店も多い。リアルでしっかりと商品を見てもらう機会を作りたい」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら