ファッション

フェルマータが東南アジアにフェムテック専門ECサイトをオープン

 女性のウェルネス課題の解決や支援事業を行うフェルマータ(fermata)はこのほど、フェムテック専門ECサイト「フェルマータ シンガポール(FERMATA SINGAPORE)」をシンガポールにオープンした。東南アジアではまだ未開発の領域で、先陣を切る形だ。

 同社はフェムテック産業の活性化のためにボーダーレスなフェムテック市場を創出することが重要であると考え、2020年7月に初の海外拠点としてシンガポール支社を設立した。今回のECサイト立ち上げはシンガポール支社の活動の第一弾となる。

 ECサイトでは、“あなたのタブーがワクワクに変わるまで”をビジョンに掲げ、妊活デバイスやオーガニック生理ショーツなど日本未入荷のプロダクトを含めた多様な商品を販売する。

 同社は「女性の高学歴化、社会進出が加速しながらも、日本と同様に未だ性をオープンに語りづらい文化的背景があり、かつ女性の衛生環境に対する市場が7000億円にのぼるとされる東南アジアでフェムテック市場を確立することが必要だと考える。シンガポールは東南アジア経済の中心であり、医療・ライフスタイル関連の成長が著しいこと、域内貿易の盛んなASEAN諸国の中心に位置し、中国やオセアニア地域へのハブ都市にもなっていることから立地面や物流の観点で大きなメリットがある。シンガポール支社を起点に、東南アジア進出を目指すフェムテック企業のサポート、アジア・パシフィック地域での事業拡大を目指す」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら