ファッション

「サカイ」 × 「ナイキ」新作スニーカー“ヴェイパーワッフル”発売 話題の厚底シューズをハイブリッド

 「サカイ(SACAI)」は11月6日、「ナイキ(NIKE)」とコラボレーションしたスニーカー“ヴェイパーワッフル(VAPORWAFFLE)”を発売する。「ナイキ」の公式アプリ「NIKE SNKRS APP」や東京・青山にあるナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)、「サカイ」青山店などで扱う。価格は2万2000円。

 “ヴェイパーワッフル”は、「サカイ」2020-21年秋冬パリ・メンズ・コレクションのランウエイで初披露されたもので、陸上界を賑わせている厚底ランニングシューズ“ヴェイパーフライ(VAPORFLY)”と、1983年に発売された “ペガサス(PEGASUS)”の2モデルをハイブリッドしたスニーカーだ。2重になったシュータンやシューレース、サイドに配したダブルスウッシュのほか、ヒールから突き出たミッドソールが特徴的なデザインになっている。今回はホワイトをベースに、ミッドソールをブルー、スウッシュをピンクに仕上げたものと、ブラック × ホワイトのシックなカラーリングの2色を用意した。

 昨年発売し人気を博した“LDワッフル(LDWAFFLE)”や“ブレーザー ミッド(BLAZER MID)”とは打って変わり、かなりスポーティーな印象を受ける。そのほかイエロー×グリーンやパープル × グリーンなどのカラーリングもランウエイで発表していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら