ビジネス

“前澤ファンド”がフェムテック企業メデリに出資 “女子校感”から“共学”なテーマに

 フェムテック事業を行うメデリ(MEDERI)が、ZOZO創業者で、スタートトゥデイ社長で実業家の前澤友作氏が設立した“前澤ファンド”「10人の起業家に100億円」出資企画に選出された。出資額は非公表。

 メデリの坂梨亜里咲代表は、自身の不妊治療の経験をきっかけに起業。2020年春に、医師や専門家の監修のもとに妊娠や出産に関わるサービスを展開するウーマンウエルネスブランド「ウブ(Ubu)」をスタートし、妊娠に必要な栄養を厳選したサプリメントや、感染症や妊娠に影響があるとされる膣内の菌の状態を自宅で簡単にチェックできるキットを展開している。

 今回の企画について「女性向けの健康サポート事業を行っていくなかで、男性や社会の理解が必要だと実感していました。”前澤ファンド”のことは、前澤氏のTwitter投稿で知り、応募に至りました。女性の健康・活躍は女性だけの問題ではありません。より多くの方に、自分の体に興味を持ち、早期に知ってもらいたいという強い思いがあります。メデリを通して、女性をエンパワーし、女性の可能性を広げていきたいです」(坂梨代表)。

 “前澤ファンド”は、「社会課題の解決」や「趣味の追求」を事業テーマに掲げる起業家や団体に対して、前澤氏の個人資産をもとに総額100億円規模の出資を行う株式会社として設立。今回の出資先として決定したのは、「ひとり親の養育費保証事業」「ペットを幸せにする事業」「自宅で健康チェック事業」などの13の事業領域(計14社、自社事業含む)で、坂梨代表は、唯一の女性起業家だ。

 前澤氏は、経営株主に近い立場で各社の経営に携わるという。前澤氏からメデリへのコメントは以下の通り。「男性にはない女性特有の悩みを、家でできる女性ホルモンチェックの結果に応じて解決するビジネスということで、内容を理解するまでに少々時間がかかりましたが、今となっては理解も深まり、むしろそうした女性特有の悩みはパートナーなど男性側もそれなりに知っておくことで、協力しあって解決できたらすばらしいな、と思うに至りました。同時に女性にもっと優しくしないとなぁとも思いました(笑)」。

 今後メデリは、自宅でできる女性ホルモンチェック事業に注力し、不妊対策だけでなく女性のライフステージや体の変化に寄り添うサービスを強化していくという。「女性ホルモンチェックの結果に応じて、PMSや更年期障害の不調や不妊対策など女性一人一人にパーソナライズされた健康サポートを行ないます。これは今までにない習慣であり、普及し定着するには険しい道のりかもしれません。不妊やホルモンに限らず、フェムテック領域に関する日本人の知識はまだまだ低い。どうしても閉鎖的で“女子校感”が漂います。今後は、友人やパートナーとも考えていけるような“共学”のようなテーマにしていきたいですね。ホルモンチェックが一人でも多くの女性に自分の体調に興味を持つきっかけとなり、結果的に本人だけでなく大切な人の笑顔につなげるために、事業に真摯に向き合い、新しい文化を創りたいです」(坂梨代表)。サービス開始は今春を予定する。