ファッション

「ザ・ノース・フェイス」の“フューチャーライト”シリーズを巡ってアーティストのフューチュラが提訴

 グラフィティ・アーティストのフューチュラ(FUTURA)は、「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」の“フューチャーライト(FUTURE LIGHT)”シリーズのロゴがフューチュラの代表作“アトム(atom)”と類似しているなどとして、同ブランドを相手取り不正競争や商標権侵害でカリフォルニア州連邦裁判所に提訴した。フューチュラは侵害品を市場から回収することを求めている。

 問題となったのは「ザ・ノース・フェイス」が開発した防水・透湿に優れた素材“フューチャーライト(FUTURE LIGHT)”を使用したアウターウエアシリーズのロゴと名称だ。フューチュラは幾何学的な図形が重なり合ったロゴデザインが、フューチュラが頻繁に使用する“アトム”のコピーだと主張する。また、“フューチャーライト”というライン名がフューチュラの関与を想起させるもので、消費者に関連性があると印象付けるために「ザ・ノース・フェイス」が意図的に名付けたと主張する。ザ・ノース・フェイスの代理人は、進行中の訴訟についてコメントできないと回答した。

 フューチュラは数々の有名ブランドとコラボレーションしており、アパレルブランドも多く含まれる。フューチュラが提出した申立書によると、「ナイキ(NIKE)、ユニクロ(UNIQLO)、LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)、コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)、そして被告であるザ・ノース・フェイスともコラボレーションしてきた」という。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら