ビジネス

ユナイテッドアローズ株価急伸 前澤友作氏が大株主になって注目

 14日のユナイテッドアローズの株価が急伸した。前日比192円高(14.3%増)の1528円をつけた。きのう15時過ぎにZOZO創業者の前澤友作氏がユナイテッドアローズとアダストリアの株式を取得し、両社の第2位の株主になったと発表された。これを受けての買いが集まり、14日の東証一部の全産業の値上がり率ランキングの2位に浮上した。アダストリアの株価は前日比89円高(5.5%増)の1698円だった。

 前澤氏は約74億円を投じてアダストリアとユナイテッドアローズの株式を大量取得した。アダストリア株を約39億円投じて5.6%。ユナイテッドアローズ株を約35億円で7.97%取得した。前澤氏が両社にどう関わっていくかは不明だが、コロナ禍でアパレル企業にとって一層のEC強化が求められる中、前澤氏の知見がプラスに働くと見て、株式市場では好感が広がったようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら