ビジネス

ユナイテッドアローズ株価急伸 前澤友作氏が大株主になって注目

 14日のユナイテッドアローズの株価が急伸した。前日比192円高(14.3%増)の1528円をつけた。きのう15時過ぎにZOZO創業者の前澤友作氏がユナイテッドアローズとアダストリアの株式を取得し、両社の第2位の株主になったと発表された。これを受けての買いが集まり、14日の東証一部の全産業の値上がり率ランキングの2位に浮上した。アダストリアの株価は前日比89円高(5.5%増)の1698円だった。

 前澤氏は約74億円を投じてアダストリアとユナイテッドアローズの株式を大量取得した。アダストリア株を約39億円投じて5.6%。ユナイテッドアローズ株を約35億円で7.97%取得した。前澤氏が両社にどう関わっていくかは不明だが、コロナ禍でアパレル企業にとって一層のEC強化が求められる中、前澤氏の知見がプラスに働くと見て、株式市場では好感が広がったようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら