ビューティ

「スック」の2021年夏コレクションは“黄昏時の海辺”からインスピレーション

 「スック(SUQQU)」は、2021年夏コレクション“シーサイド サンセット グロウ”を5月7日に発売する。“黄昏時の海辺”からインスピレーションを得たウォームトーンやヌーディなグラデーションが作れるアイシャドウやカラーアイライナー、リップなどがそろう。明るくヘルシーな中に大人の切なさを秘めた色を提案する。

 注目は21年春に刷新された4色アイシャドウパレット“シグニチャー カラー アイズ”(限定色2種、各7000円)の限定カラー。マット、メタリック、パール、ディープカラーの異なる4種の質感と輝きで、暮れゆく海辺のきらめきを目元につくり出す。サンドベージュとコッパーオレンジで夕陽に染まる海辺を表現する“104 黄昏染 -TASOGAREZOME-”と、空と海が青みがかったピンクに染まる幻想的な情景を表す“105 宵汐空 -YOISEKISORA-”の2種をそろえる。

 そのほか、フェルトタイプのカラーアイライナー“ニュアンス アイライナー”(限定色2色、各3000円)や艶とソフトマット2種の質感から選べるリクイドリップ“コンフォート リップ フルイド”(グロウ 限定色2色/フォグ 限定色2色、各5000円)、夏らしいヘルシーな艶肌をつくる“リタッチ プレスト パウダー”(限定色1種、6500円)などをラインアップする。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら