ファッション

車いすバスケ男子、ビームスがデザインしたユニホームで東京パラ金メダルを目指す!

 ビームスがデザインしたユニホームに身を包み、車いすバスケットボール男子が東京パラリンピックの決勝に臨む。車いすバスケットボール日本代表の決勝進出は男女合わせて初。

 ユニホームの公式サプライヤーは「チャンピオン(CHAMPION)」で、デザインをビームスが担当した。初夢に見ると縁起が良いとされる“一富士二鷹三茄子”から着想を得て、前身頃に大きく富士山を、後ろ身頃に羽ばたく鷹をあしらい、襟ネームに茄子を描いた。レプリカユニホーム(税込1万6500円)や応援Tシャツ(同5500円)も作成し、ビームスおよび「チャンピオン」の公式オンラインショップで販売している。

 設楽洋ビームス社長は、「日本固有のめでたいモチーフをちりばめたユニホームを着用し、各選手が遺憾なく力を発揮してほしい」と話す。なおビームスには、東京パラリンピックで6位となった車いすバスケットボール女子の網本麻里が所属する。

 決勝は9月5日12時半から。有明アリーナでアメリカと対戦する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら