ファッション

新生「クレージュ」が表参道に期間限定店 現代に再解釈したアイコンをラインアップ

 東京・表参道のセレクトショップ、アディッション アデライデ(ADDITION ADELAIDE)は、「クレージュ(COURREGES)」のポップアップストアを8月1日まで開いている。

 同店では、新アーティスティック・ディレクターのニコラス・デ・フェリーチェ(Nicolas Di Felice)によるブランドのアイコンを現代に合わせて再解釈したコレクション“リエディション(REEDITION)”の商品をラインアップ。同店の限定アイテムとして、リブニットタンクトップ(2万9700円)も扱う。期間中には1971年発表のビニールジャケットや、72年のトレンチコートやリブニットなどを新たにアップデートしたアイテムをウィンドウにディスプレーする。

 ニコラスはベルギー出身。首都ブリュッセルにある有名校ラ・カンブル(La Cambre)でファッションを学んだ後、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)による「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」で経験を積んだ。2020年9月に「クレージュ」のアーティスティック・ディレクターに指名され、21年3月にはパリ・ファッション・ウイークで2021-22年秋冬コレクションを発表した。

■「クレージュ」ポップアップストア
期間:7月23日〜8月1日
営業時間::12:00〜20:00
住所:東京都渋谷区神宮前4-19-8 アロープラザ1階
場所:アディッション アデライデ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら