ファッション

「ジョーダン ブランド」が NBAの次世代スター、ザイオンのシグネチャーライン

 「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」は、NBAニューオーリンズ・ペリカンズに所属するザイオン・ウィリアムソン(Zion Williamson)選手のシグネチャーラインを発表した。初のシグネチャーシューズ“ザイオン ワン(Zion 1)”(1万4300円、税込)とアパレルコレクションを用意する。4月23日から、「ナイキ」公式オンラインストアやアプリ、一部店舗などで順次販売する。

 “ザイオン ワン”は、同選手の個性とバスケットシューズへのこだわりを全面に押し出したモデル。コートで大胆なプレーを見せる一方、普段は穏やかで物静かだという二面性を表すため、アッパーにはカラーやグラフィックを前後で切り替えるデザインを採用した。またザイオン選手が「シューズ選びで最も重視するパーツ」であるシュータンは、ボリュームのあるパッドを通常と異なる配置で縫製。シューレースによる圧迫感を改善し、足なじみの良さを高めている。着用時の安定感を上げるため、前足のソール幅は広く設計し、甲周りには足を固定する2本のストラップを付けた。カラーは、ザイオン選手が最もお気に入りという白黒カラー“ジェン ザイオン(Gen Zion)”のほか、流星をイメージした“ゼットエヌエー(ZNA)”、ザイオン選手の弟の名前を冠して兄弟の絆を表現した“ノア(Noah)”、故郷サウスカロライナをイメージした“マリオン(Marion)”の全4種。“ジェン ザイオン”は4月23日、“ゼットエヌエー”は5月5日、“ノア”は19日、“マリオン”は26日から販売する。

 アパレルは、動きやすさとデザイン性を備え、バスケシーンから普段着まで対応するアイテムをそろえる。ポップカルチャー好きなザイオン選手の意見を取り入れた、アニメ風のグラフィックをプリントしたフーディー(9900円、同)をはじめ、ウエストにロゴテープをあしらったフリースパンツ(1万5400円、同)や通気性・速乾性に優れたメッシュショーツ(8800円、同)などがラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら