ファッション

「ジョーダン」の最新シューズ“エア ジョーダン 35”が発売 革新的なエアズーム搭載、八村塁モデルも

 「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」は、新作“エア ジョーダン 35(AIR JORDAN 35)を発表した。全4色をそろえ、10月17日から順次リリースする。日本人初の「ジョーダン ブランド」契約選手であるNBAワシントン ウィザーズの八村塁選手をイメージしたカラーも登場する。

 同モデル最大の特徴は、最新のクッショニングシステム“エクリプス プレート 2.0”だ。昨年発売された“エア ジョーダン 34(AIR JORDAN 34)”に用いた“エクリプスプレート”をアップデートしたもので、エアズームユニットを既存より高く設定することでエネルギーリターンを最大化させるほか、シューズ横の強度を高めてサポート力を向上させている。

 アッパーには複数のワイヤーで足をサポートする技術“フライワイヤー”をアレンジした“フライト ワイヤー”を採用。ワイヤーを放射状に配した洗練された見た目ながら、高いフィット感とサポート力を備える。シュータンのデザインやはき口の形状は“エア ジョーダン 5(AIR JORDAN 5)”をオマージュした。

 同モデルについて八村選手は「新品の状態でも履きこなれた感覚があります。足首周りのフィットとシューズの快適さがとても気に入っています」とコメントしている。

 カラーは、“エア ジョーダン 5”の誕生30周年を記念した“エア ジョーダン 35 SP”(2万1500円、10月17日発売)、八村選手をイメージした“エア ジョーダン 35 プレイヤー エディション ルイ(AIR JORDAN 35 PE RUI)”(2万1500円、10月21日発売)、“エア ジョーダン5”の着想源となった戦闘機をテーマにした“エア ジョーダン 35”(1万9000円、11月13日発売)、ニューオーリンズ・ペリカンズでプレーするザイオン・ウィリアムソン(Zion Williamson)選手向けにデザインした “エア ジョーダン プレイヤー エディション ザイオン”(2万1500円、11月以降発売)の全4色。いずれも公式オンラインストアと一部店舗で取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら