ファッション

「ジョーダン」が藤原ヒロシの「フラグメント」とコラボコレクション製作 “AJ 3“や“AJ 35”などをモダンにアップデート

 「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」は、藤原ヒロシ率いる「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN以下、フラグメント)」とのコラボコレクションを9月17日に発売する。シューズ3型とアパレルで構成する。公式アプリ“スニーカーズ(SNKRS)”や東京・南青山の「ナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)」、銀座の「ザ・コンビニ(THE CONVENI)」などで扱う。

 シューズは、“エア ジョーダン 3(AIR JORDAN III)”(2万4200円)、“エア ジョーダン ケーダンス(AIR JORDAN CADANCE)”(1万5400円)、“エア ジョーダン 35(AIR JORDAN XXXV)”を用意する。“エア ジョーダン 3”は、2004年に藤原がディレクションした”オルカ パック(ORCA PACK)“と同じく白黒のカラーリングを採用。ヒールタブには透明の“ジャンプマン”ロゴと「フラグメント」の稲妻ロゴを配した。“エア ジョーダン ケーダンス”はグレーを基調とし、街で着用しやすいモダンな雰囲気に仕上げている。“エア ジョーダン 35”は白、黒、青で製作され、最新のテクノロジーを搭載する。同モデルのみ10月28日に発売予定だ。

 アパレルは、ジョーダンがプレーするジャンプマンロゴと稲妻を組み合わせたグラフィックなどを施したフリースやパーカ、Tシャツ、ナイロンパンツなど、クラシカルなジムウエアをテーマにしたアイテムをそろえる。全型グレーとブルーの2色を用意し、価格は6600円〜1万7600円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。