ビューティ

「センサイ」が欧州で直営ECをオープン 最適なファンデーションの色を提案する新サービスも

 花王は、欧州でプレステージブランド「センサイ(SENSAI)」の直営ECを14日にオープンした。これまでリテーラーなどを通じてネット販売を行っていたが、直営ECをオープンすることで、より一人一人のニーズに添った独自サービスを実施する。展開国はイギリス、ドイツ、フランス、スイス、イタリアで、イタリアのみ4月28日オープン予定。

 1983年に誕生した「センサイ」は、欧州や中東などの百貨店やパヒューマリーで展開。日本原産の小石丸シルクを主原料に、メード・イン・ジャパンのもの作りを訴求する。コロナの影響で顧客のデジタル化が加速していることから、顧客のライフスタイルに合わせた購入の場の一つとして直営ECをオープンした。ECでは製品の販売だけでなく新サービスの提供も行う。第1弾の「ファンデーションファインダー」は、自身の顔をAI が診断してその人に合ったファンデーションの色を提案。店頭同様のカウンセリングをウェブ上でも実現する。また、ECを通して得られる顧客データを今後の商品開発にも生かす予定だ。

 山口聡一SENSAIブランドグループ長は、「ブランドが大切にしている『丁寧に繊細に生きる、真のラグジュアリーライフ』を提供するため、お客さまとのパーソナルな関係を重視した最高の顧客体験を、店頭と同じようにECでも実現していきたい。欧州でも日本でも、一人一人に最適な内容にパーソナライズされたカウンセリングを、最適なタイミングで提案し、『センサイ』らしい CXM(顧客体験マネジメント)の実現を図っていく。中国においては今後C to Cの取り組みを始動し、今秋には中国国内でのECをスタートする予定」と述べた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら