ビューティ

ゆうこすプロデュースのプロテインブランド「ラプロテイン」誕生

 芸能人・タレントを起用したD2C事業などを行うBeautydoorsは4月23日、モテクリエイターとして多くの商品プロデュースを手がけるゆうこすこと菅本裕子と女性ファッション誌「CanCam」のコラボ開発によるプロテインブランド「ラプロテイン(LA PROTEIN)」を発売する。その第1弾として、個包装プロテインと撮り下ろしリーフレット付き“ゆうこすプロデュース プロテインおためしアソートBOX”(税込1980円)をツタヤや蔦屋書店、ツタヤ渋谷店と梅田蔦屋書店のECサイトで展開する。

 「ラプロテイン」は、ゆうこす自身もプロテインの愛飲者であることから開発がスタート。商品開発からリーフレットの撮影まで約2年かけた。「運動している人も、そうでない人も、もっと気軽にプロテインを楽しんでほしいという思いを込めて作りました」とゆうこすは語る。ホエイプロテインとソイプロテインをミックスし、1袋で約12gのタンパク質を補うことが可能となる。さらに、スマート乳酸菌®を40億個配合し、気になる腸内環境へもアプローチする。また、「水で飲んでも十分コクがあってちゃんと美味しいプロテインが欲しい」という思いから60回以上の試作を重ねたというフレーバーは、抹茶、ミルクティー、ピーチの3種を扱う。

 “ゆうこすプロデュース プロテインおためしアソートBOX”は、抹茶、ミルクティー、ピーチ3種類の味を1袋ずつ試せる個包装プロテイン(1袋20g)と、プロテインの魅力やフードスタイリスト・サイトウレナ氏によるアレンジレシピなどが含まれている撮り下ろしリーフレットをセットした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら