ビューティ

「ビープル バイ コスメキッチン」路面2店舗目が七里ヶ浜にオープン 海が見渡せるコーヒースタンドを併設

 マッシュビューティーラボは3月14日、コスメに加え食品やインナーケア商品をそろえる「ビープル バイ コスメキッチン(Biople by CosmeKitchen以下、ビープル)」の2店舗目となる路面店を鎌倉・七里ヶ浜にオープンする。

 江ノ島電鉄の七里ヶ浜駅から徒歩2分、「ビルズ(BILLS)」や「RHCロンハーマン(RON HERMAN)」などが入居する複合施設ウィークエンド ハウス アレイ(WEEKEND HOUSE ALLEY)の1階で、店舗面積は約195平方メートル。“伝説のサーファー”出川三千男がオーナーを務めていた「ブルーホライゾン(BLUE HORIZON)」の跡地に店舗を構える。

 七里ヶ浜店は路面店1店舗目の三軒茶屋店と同様、地域に根差した“ローカルコミュニティ”をコンセプトに掲げ、環境に配慮した商品をラインアップする。「エコストア(ECOSTORE)」のフルラインアップをはじめ、「ジェラートピケ(GELART PIQUE)」と「エミ(EMMI)」のリサイクル素材を使用したウエアもそろえる。また、太陽の下でアクティブな日々を過ごす“ビーチラバー”に向けて、肌や海に配慮したUVケアやアフターサンケア、サーファーに欠かせないオールインワンソープなど約100種類を取りそろえる。

 そのほか、「ウカ(UKA)」が監修したハンドケアコーナー、ビープルでは初出店となる「セルヴォーク(CELVOKE)」や「トーン(TO/ONE)」などをそろえるメイクアップ、アロマ、メンズセレクト、インナービューティなどのコーナーを設けている。

 店内は、「ブルーホライゾン」の棚や床、ボードロッカーはそのまま残し、サーフィンスクールの申し込みの取り次ぎも行う。椋林裕貴マッシュビューティーラボ副社長は、「出川さんのショップからバトンタッチしたということは、店だけではなくサーファーの人たちのコミュニティーも引き継いだ形になる。心地よいコミュニケーションが生まれる空間を目指す」と話す。

 そこで、ビープル初となるコーヒースタンドを併設したイートインを設置した。提供するブレンドコーヒーは東京・南青山の「リトル ダーリン コーヒー ロースターズ(LITTLE DARLING COFFEE ROASTERS)」が監修。また、トランジットジェネラルオフィスが運営する、近隣の「パシフィック ベーカリー(PACIFIC BAKERY)」のパンや、同店とコラボしたオリジナルマフィンも販売する。アルコールドリンクも用意し、「海が見渡せるカウンターやウッドデッキを設置するなど開放感のあるスペースにしているので、交流の場としても活用してもらいたい」と話す。

■ビープル バイ コスメキッチン 七里ヶ浜店
オープン日:3月14日
時間:10:00-19:00※状況により変更になる可能性あり
住所:神奈川県鎌倉市七里ガ浜1丁目1−1 Weekend House Alley 1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら