ビューティ

「ビープル バイ コスメキッチン」路面2店舗目が七里ヶ浜にオープン 海が見渡せるコーヒースタンドを併設

 マッシュビューティーラボは3月14日、コスメに加え食品やインナーケア商品をそろえる「ビープル バイ コスメキッチン(Biople by CosmeKitchen以下、ビープル)」の2店舗目となる路面店を鎌倉・七里ヶ浜にオープンする。

 江ノ島電鉄の七里ヶ浜駅から徒歩2分、「ビルズ(BILLS)」や「RHCロンハーマン(RON HERMAN)」などが入居する複合施設ウィークエンド ハウス アレイ(WEEKEND HOUSE ALLEY)の1階で、店舗面積は約195平方メートル。“伝説のサーファー”出川三千男がオーナーを務めていた「ブルーホライゾン(BLUE HORIZON)」の跡地に店舗を構える。

 七里ヶ浜店は路面店1店舗目の三軒茶屋店と同様、地域に根差した“ローカルコミュニティ”をコンセプトに掲げ、環境に配慮した商品をラインアップする。「エコストア(ECOSTORE)」のフルラインアップをはじめ、「ジェラートピケ(GELART PIQUE)」と「エミ(EMMI)」のリサイクル素材を使用したウエアもそろえる。また、太陽の下でアクティブな日々を過ごす“ビーチラバー”に向けて、肌や海に配慮したUVケアやアフターサンケア、サーファーに欠かせないオールインワンソープなど約100種類を取りそろえる。

 そのほか、「ウカ(UKA)」が監修したハンドケアコーナー、ビープルでは初出店となる「セルヴォーク(CELVOKE)」や「トーン(TO/ONE)」などをそろえるメイクアップ、アロマ、メンズセレクト、インナービューティなどのコーナーを設けている。

 店内は、「ブルーホライゾン」の棚や床、ボードロッカーはそのまま残し、サーフィンスクールの申し込みの取り次ぎも行う。椋林裕貴マッシュビューティーラボ副社長は、「出川さんのショップからバトンタッチしたということは、店だけではなくサーファーの人たちのコミュニティーも引き継いだ形になる。心地よいコミュニケーションが生まれる空間を目指す」と話す。

 そこで、ビープル初となるコーヒースタンドを併設したイートインを設置した。提供するブレンドコーヒーは東京・南青山の「リトル ダーリン コーヒー ロースターズ(LITTLE DARLING COFFEE ROASTERS)」が監修。また、トランジットジェネラルオフィスが運営する、近隣の「パシフィック ベーカリー(PACIFIC BAKERY)」のパンや、同店とコラボしたオリジナルマフィンも販売する。アルコールドリンクも用意し、「海が見渡せるカウンターやウッドデッキを設置するなど開放感のあるスペースにしているので、交流の場としても活用してもらいたい」と話す。

■ビープル バイ コスメキッチン 七里ヶ浜店
オープン日:3月14日
時間:10:00-19:00※状況により変更になる可能性あり
住所:神奈川県鎌倉市七里ガ浜1丁目1−1 Weekend House Alley 1階

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら