ビジネス

「無印良品」関東初のスーパーマーケット併設店 高島屋港南台店の跡地に

 良品計画は、「無印良品」で関東初となるスーパーマーケット併設の大型店を横浜に今春開く。昨年8月に閉店した高島屋港南台店跡地の商業施設「港南台バーズ」内の「無印良品」を、約10倍の4973平方メートルに増床する。衣食住の中でも「食」を目玉にし、スーパーマーケット「クイーンズ伊勢丹」のエムアイフードスタイル(東京、雨宮隆一社長)が生鮮三品(青果、精肉、鮮魚)を扱う食品売り場を運営する。

 相鉄グループが運営する港南台バーズの地上1階・地下1階の2フロアに入る。昨年12月に「関東最大」をうたって開店した東京有明店(売り場面積4628平方メートル)を上回る規模になる。

 生鮮三品や惣菜などを大々的に扱うスーパーマーケット併設の大型店は、18年3月のイオンモール堺北花田店(大阪)、19年11月の京都山科店に続く3店目。いずれも百貨店が撤退した跡地に出している。

 8日に20年9〜11月期決算のオンライン会見に登壇した松崎暁社長は「これからは生活圏への出店を強化する。その場合、スーパーマーケット併設、あるいは(既存の)スーパーマーケットに隣接する形が増える」と説明した。この数年の実績で消費者が日常の食品の買い物の延長で、「無印良品」に立ち寄って日用品や衣料品を買い求める頻度が高いことが分かった。食強化は客数増への効果が大きいと考え、店舗開発に本腰を入れる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら