ファッション

「無印良品」関東最大の有明店を公開 目玉は「住空間」への提案

 良品計画は30日、「無印良品」の関東最大の大型店となる東京有明店(江東区)を12月3日のオープンに先駆けて関係者に公開した。住居関連の商品やサービスを目玉にした新しいタイプの大型店。広い面積を生かしてリフォームのショールーム機能やDIYの実演など、マンション開発が進む湾岸エリアの住民をターゲットした取り組みを強化した。会見した金井政明会長は「人口の多い政令指定都市では今後このタイプの店を出していく」と話した。

 住友不動産が開発した複合施設「有明ガーデン」に3層4628平方メートルで出店した。メインフロアの2階を住空間フロアにし、家具・インテリアや生活雑貨を豊富にそろえるだけでなく、リビング、キッチン、洗面所、書斎、バス、トイレなどの部分リフォームのショールーム、リフォームの建材や部材の展示、DIYの実演を行うスペースなどを設けている。リフォームの実例や関連部材、関連書籍、ワークショップ、相談カウンターを通じて、比較検討しながら学べて相談できる環境を整えた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら