ビューティ

「ジルスチュアート」恒例の“サムシングブルー”が今年も!21年は日焼け止めもお目見え

 「ジルスチュアート(JILLSTUART)」は4月30日、恒例の限定シリーズ“ジルスチュアート クリスタルブルーム サムシングピュアブルー”を発売する。花嫁が幸せになれるという言い伝えのある“サムシング・ブルー”から着想を得た同コレクションは今回で4回目となり、今年はブルーブーケをモチーフに展開。ラインアップはフレグランスやリップ、ヘアミスト、ハンドエッセンス、フェイスパウダーなどで、新たなアイテムとしてUVプロテクターも加わったほか、プレゼント用のギフトボックス(税込385円)も用意する。

 ウエディングドレスとブーケをイメージしたフレグランス“セント オードパルファン”(10mL、税込3080円)は、洋梨やアップルのフルーティノートからはじまり、オレンジフラワーやローズ、ジャスミンなどのフローラルノートへと変化する爽やかな香り。持ち運びに便利なローラーボトル(10mL、税込3080円)もそろえた。コレクション初登場となる“シマリング UVプロテクター”(60g、3520円)はSPF50+/PA++++の日焼け止め。フレグランスの香りを備えたほか、明るく輝いた肌を演出するピュアブルーパールとシルバーパールの2種も配合している。

 その他、フレグランスの香りを楽しみつつ手肌をケアできる“セント パフュームド ハンド エッセンス”(40.3g、税込2640円)、ホワイトとピュアブルーのマーブルカラーのパウダーが上質な艶と透明感のある肌へと仕上げる“イノセントヴェール フェイスパウダー”(9g、5500円)、クリアブルーから肌の色に合わせたピンクへと変化するティントリップ“マイリップス”(税込3080円)、9種の美容成分を配合した“リップグロウ セラムバーム”(税込3080円)も取りそろえている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら