ニュース

「キールズ」がブランド誕生170周年 限定製品やローズの化粧水など復刻製品も登場

 「キールズ(KIEHL'S SINCE 1851)」は4月30日、ブランド誕生170周年を記念した限定コレクション“170 周年記念エディション”と“ヘリテージコレクション”を発売する。公式オンラインショップでは4月16日から先行販売する。

 同ブランドは1851年にニューヨークでアポセカリー(欧米などの調剤薬局)として誕生し、今年で170周年を迎える。“170 周年記念エディション”は、ブランドの人気製品“ハーバルトナー CL アルコールフリー”(230mL、税込4400円)、“クリームUFC”(49g、税込4400円)、“キールズ ミッドナイト ボタニカル コンセントレート”(50mL、税込9900円)、“アイ トリートメント AV”(14mL、税込4180円)の 4品を限定パッケージで展開する。アポセカリーで販売されていた製品パッケージからインスピレーションを受け、ゴールドとホワイトを基調としたガラスパッケージのクラシックなデザインでブランドの歴史を表現した。さらに、“170 周年記念エディション”を含む人気アイテムや限定ポーチのセットも販売する。

 過去に人気を博した製品を復刻する“ヘリテージコレクション”は、1960年代に誕生したローズの花びらを配合した化粧水“フローラル トナー RS”(230mL、税込4400円)や、1920年代に幸運をもたらす香りとして流行したフレグランスエッセンスオイル3種(各10mL、税込各4180円)が数量限定で登場する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら