ファッション

【平成プレイバック】 高田浩樹「CanCam」編集長が振り返る「平成はコラボの時代」

 「キャンキャン(CanCam)」(小学館)のようなファッション誌やモデルなどと、アパレルブランドがアイデアを出し合って商品をつくる、という、いわゆる「コラボ」商品が生み出されたことが、平成の代表的な出来事だと感じています。 現在の異業種同士がコラボして、お互いの強みを生かしていくという流れの中、令和もさらにコラボの形は進化してくのだと思います。

高田浩樹「キャンキャン」ブランド室室長兼「キャンキャン」「CanCam.jp」編集長:1976年5月10日生まれ、長野県出身。慶應義塾大学卒業後、主婦の友社に入社し「ミーナ(mina)」編集部、「レイ(Ray)」編集部などを経て、2008年小学館に入社。「オッジ(Oggi)」「キャンキャン」などの雑誌編集部や「Oggi.TV」「ウーマンインサイト」などのウェブサイトなどを経て、17年「CanCam.jp」編集長に就任。18年5月から現職 PHOTO BY KAZUSHI TOYODA

【業界人の「平成プレイバック」
ファッション・ビューティ業界の若手からベテランまで「平成時代に印象に残った出来事」とは?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら