ビューティ

花王が海南島免税に出店 数年かけて20店舗の展開を目指す

 花王は年4月1日、中国・海南島(海南省)の中心エリア三亜にある海旅免税城に化粧品コーナーをオープンし、同社のプレステージブランド「センサイ(SENSAI)」「エスト(EST)」を展開する。この出店を皮切りに、海南島およびその他エリアへの出店を進め、中国免税市場に本格参入する。

 中国の最南端にあるリゾート地の海南島は、2011年4月から離島免税政策により、中国人が国内で免税の買い物を楽しむことができる地域だ。20年7月から1人あたりの免税購入額の年間限度額が3万元から10万元に引き上げられ、対象品目も38種から45種に増加。化粧品、ファッション、宝石、お酒、スマートフォンをはじめとする電子製品など豊富な取り扱いでいま注目を集めているエリアだ。

 海南島では21年以降も大規模免税店が開設予定で今後さらなる成長が見込めることから、花王は海旅免税城でのオープン後も空港、市中などその他エリアを含め中国免税市場への出店を加速し、数年中に20店舗の展開を目指す。

 海旅免税城は、海南島の中心・三亜に位置する大型免税店。同社はプレステージの化粧品売り場に約40平方メートルのコーナーを設置し、極細繊維が薄いベールを形成する“ファインファイバー テクノロジー”を搭載した「エスト バイオミメシス ヴェール」も販売。花王の最先端技術を紹介していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら