ファッション

ラグジュアリー企業の2020年12月期決算 コロナ禍でも強さを発揮したのは?

有料会員限定記事

 欧州では2020年秋以降、新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて再びロックダウンに踏み切った国もあり、経済活動が抑制されている。一方のアジア太平洋地域では、中国本土などで一足早く事態が落ち着いたため、下半期にかけて業績が回復しつつある企業や小売店も多い。ラグジュアリーブランドも同様で、欧州や米国では観光客の不在によって苦戦しているものの、中国や韓国などアジア市場でのV字回復に助けられ、10~12月期には増収となったケースもある。主なラグジュアリー企業の状況を解説する。(この記事はWWDジャパン2021年3月29日号からの抜粋です)

 「ルイ・ヴィトン」「ディオール」「フェンディ」などを擁し、ラグジュアリー業界をけん引するLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(以下、LVMH)の2020年12月通期での売上高は前期比16.8%減だったが、四半期ベースで見ると4~6月期は前年同期比37.8%減、7~9月期は同10.2%減、10~12月期は同6.3%減となっており、業績は順調に回復している。

 これにはファッション・レザーグッズ部門の好調ぶりが大きく寄与しており、同部門の10~12月期の売上高は同14.2%増の72億7300万ユーロ(約9382億円)と増収だった。地域別では、下半期にアジアが2ケタ成長となったほか、米国と日本でも大幅に業績が回復している。

この続きを読むには…
残り2295⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。