ビューティ

テレビ会議で使用できる男性向けARメイクフィルターを「シセイドウ メン」が導入 アイブロウやBBクリームも

 資生堂(SHISEIDO)の男性向けプレステージコスメ「シセイドウ メン(SHISEIDO MEN)」は3月22日、スナップチャット(SNAPCHAT)のカメラアプリ「スナップカメラ(SNAP CAMERA」を活用し、パソコンのオンライン会議ツールや動画プラットフォーム上で顔を認識してメンズコスメが試せるAR(拡張現実)フィルターを導入した。

 同サービスは、「シセイドウ メン」の“ヴァイブラント BBモイスチャライザー”“アイブロウ フィクサー デュオ”などのメイクアップアイテムの色や質感を自分の顔で楽しめるもの。ズーム(Zoom)などのオンライン会議や、メンズメイクに挑戦したい時なども気軽に試すことができる。

 同社は2020年8月にコロナ禍によるオンライン上のフェイストゥフェイスのコミュニケーションの機会拡大と、通信環境の改善やオープンリソースが活用できる環境を踏まえ、「スナップカメラ」のAR技術を利用した「テレビューティ(TELEBEAUTY)」を導入した。モニター上でメイクアイテムの塗布感や色・質感を再現する同社のノウハウを活かしたフィルターは、オンライン会議などのオフィシャルな場でも使える自然な仕上がりが好評で、公開から累計18万回以上利用されている。今回、メイクになじみのない男性もバーチャル上で手軽にメイクを楽しめるメンズメイクや最新トレンドメイクなどを加え、ARフィルターのラインナップを幅広く拡充した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら