ビューティ

テレビ会議で使用できる男性向けARメイクフィルターを「シセイドウ メン」が導入 アイブロウやBBクリームも

 資生堂(SHISEIDO)の男性向けプレステージコスメ「シセイドウ メン(SHISEIDO MEN)」は3月22日、スナップチャット(SNAPCHAT)のカメラアプリ「スナップカメラ(SNAP CAMERA」を活用し、パソコンのオンライン会議ツールや動画プラットフォーム上で顔を認識してメンズコスメが試せるAR(拡張現実)フィルターを導入した。

 同サービスは、「シセイドウ メン」の“ヴァイブラント BBモイスチャライザー”“アイブロウ フィクサー デュオ”などのメイクアップアイテムの色や質感を自分の顔で楽しめるもの。ズーム(Zoom)などのオンライン会議や、メンズメイクに挑戦したい時なども気軽に試すことができる。

 同社は2020年8月にコロナ禍によるオンライン上のフェイストゥフェイスのコミュニケーションの機会拡大と、通信環境の改善やオープンリソースが活用できる環境を踏まえ、「スナップカメラ」のAR技術を利用した「テレビューティ(TELEBEAUTY)」を導入した。モニター上でメイクアイテムの塗布感や色・質感を再現する同社のノウハウを活かしたフィルターは、オンライン会議などのオフィシャルな場でも使える自然な仕上がりが好評で、公開から累計18万回以上利用されている。今回、メイクになじみのない男性もバーチャル上で手軽にメイクを楽しめるメンズメイクや最新トレンドメイクなどを加え、ARフィルターのラインナップを幅広く拡充した。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら