ビジネス

ゲームチェンジャーの種類 エディターズレター(2020年12月2日配信分)

※この記事は2020年12月2日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editor's Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

ゲームチェンジャーの種類

 「WWDジャパン」は毎年、ファッション業界の次なるリーダーを讃える「NEXT リーダー」特集に取り組んでいます。年末恒例の企画でしたが、今回はビューティも加わりパワーアップ!そのため、もうちょっとお時間をいただく予定です。下のリンクをご覧いただき、もうちょっとお待ちください(笑)。

 「業界の次なるリーダー」と聞かれたら、皆さんはどんな人を挙げるでしょうか?インフルエンサーやユーチューバーが挙がるのは、実に今っぽいですね。

 でも、そんな人ばかりを称えて良いのでしょうか?試しに編集部に募ってみたところポンポンあがるニューカマーの一覧を見て、そんなコトを考えたんです。確かに、新たな世界を創造する人は、「NEXT リーダー」です。でも、古き世界を現代・未来に通用するように修正する人も、「NEXT リーダー」なのではないか?そこで「コレは、『NEXT リーダー』をちゃんと定義したほうがいいのかもしれない」と考えたワタクシは、「ゲーム・チェンジャーの競争戦略」(日本経済新聞社刊・内田和成編著)に出会い、ゲームチェンジャーには4種のタイプがあることを知りました。秩序破壊型と市場創造型、ビジネス創造型、プロセス改革型の4つです。

 詳しい説明は差し控えますが、「新たな世界を想像する人」は「ビジネス想像型」、そして「古き世界を現代・未来に通用するように修正する人」は、「プロセス改革型」と言えそうです。ほら!となると、「新たな世界を想像する人」と、「古き世界を現代・未来に通用するように修正する人」は、おんなじくらい大事!いずれも、「WWDジャパン」が「NEXT リーダー」と称えるべき人なのです。

 現在私たちは、ここに産業構造を組み合わせて、例えば「川上のビジネス想像型は、誰だろう?」とか「ビューティ業界の販売におけるプロセス改革型は、一体??」みたいなカンジで「NEXT リーダー」を探そうとしています。こうすると、ファッション&ビューティ業界のさまざまな領域から、あらゆるタイプの「NEXT リーダー」が選出できるのでは?と思うから。さぁ、こんな風に特集を「設計」したらどんな人が現れ、この特集自体も大きなものに成長するのか?今から、とっても楽しみです!

 このマトリックスに産業構造や組織体系を組み合わせるという考え方、現状の問題点を見つける上でも役立ちそうですね。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターを週3回配信するメールマガジン。「WWD JAPAN.com」が配信する1日平均30本程度の記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選び頂けます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら