ファッション

“途上国から世界に通用するモノ作り”を実践する先駆者「マザーハウス」 パリ進出と“夢の工場計画”【ネクストリーダー2020】

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は、ファッション界の次世代を担う人に光を当てた企画「ネクストリーダー」を実施している。今回で3回目を迎えた同企画の対象者は、ファッションビジネスに関わるあらゆる分野の若きリーダーたち。情熱と才能を持ち、強い信念で前へ進むネクストリーダー10組を紹介する。

 “途上国から世界に通用するブランドをつくる”を理念にするマザーハウス(MOTHERHOUSE)は、今年で設立14年を迎える。山口絵理子が24歳のときにバングラデシュで作ったジュート(黄麻)のバッグからブランドをスタートさせ、現在はバングラデシュ(バッグ)やネパール(ストール)、インドネシア(線細工ジュエリー)、スリランカ(色石ジュエリー)、インド(衣類)、ミャンマー(ルビー)の6カ国に自社工場を持ち、600人以上の従業員を雇用して、4カ国に37店舗を構える規模に成長した。2019年秋冬には自身の名前の頭文字を入れたファッションブランド「イードット(E.)」を始めた。

WWD:今、マザーハウスはどんな局面を迎えている?

山口絵理子(以下、山口):13年前から“ビジネスと社会性を両立できるファッション”を目指してきたが、2019年は“かわいい”ということが社会を変えて力になるという、ファッションの力の強さを感じた。さまざまな国を回る中で、インドのある地域の職人にしか織れない布や、スリランカの珍しいキャッツアイなどを見つけたが、希少性の高い素材や技術は、月1万2000個のバッグを生産する「マザーハウス」ではなかなか取り入れることができなかった。マーケットイン(ユーザーの立場を考慮してビジネスを考えること)の発想を一旦捨てて、私がいいなと思うものを作ってみようと、「イードット」を立ち上げた。

この続きを読むには…
残り1848⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら