ファッション

買収された「シュプリーム」は今後どうなる? 業界関係者やアナリストが語る

有料会員限定記事

 「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「ヴァンズ(VANS)」「ティンバーランド(TIMBERLAND)」などを擁するVFコーポレーション(VF CORPORATION以下、VFC)が、シュプリーム(SUPREME)を21億ドル(約2184億円)で買収して大きな話題となっている。大企業の傘下に入る「シュプリーム」は今後どうなっていくのか、業界関係者やアナリストの意見を紹介する。

アナリストは「双方にプラスがある取引」と分析

 米証券ウェルズ ファーゴ(WELLS FARGO)のアイク・ボルーチョウ(Ike Boruchow)=マネジング・ディレクター兼シニア・リテール・アナリストは、「VFCは何年も前からアクティブウエアやライフスタイル事業、そしてD2C事業に注力したいと言っていた。これらは利益率が高く、グローバル展開も容易な分野だからだ。『シュプリーム』の買収は、こうした要件を全て満たしている。VFCは北米以外に事業を展開していくことにもたけているので、『シュプリーム』にとってもいい取引だと思う。一方で、ストリートウエアは終わったとする意見もあり、今後どうなっていくかを注視する必要がある」と語った。

 同氏はまた、買収に当たって「シュプリーム」の企業価値がEBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前利益)の15倍弱程度で算定されたことについて「妥当だと思う」とし、「VFCのブランドポートフォリオにぴったり合う取引だ」とコメントした。

この続きを読むには…
残り1986⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。