ファッション

買収された「シュプリーム」は今後どうなる? 業界関係者やアナリストが語る

有料会員限定記事

 「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「ヴァンズ(VANS)」「ティンバーランド(TIMBERLAND)」などを擁するVFコーポレーション(VF CORPORATION以下、VFC)が、シュプリーム(SUPREME)を21億ドル(約2184億円)で買収して大きな話題となっている。大企業の傘下に入る「シュプリーム」は今後どうなっていくのか、業界関係者やアナリストの意見を紹介する。

アナリストは「双方にプラスがある取引」と分析

 米証券ウェルズ ファーゴ(WELLS FARGO)のアイク・ボルーチョウ(Ike Boruchow)=マネジング・ディレクター兼シニア・リテール・アナリストは、「VFCは何年も前からアクティブウエアやライフスタイル事業、そしてD2C事業に注力したいと言っていた。これらは利益率が高く、グローバル展開も容易な分野だからだ。『シュプリーム』の買収は、こうした要件を全て満たしている。VFCは北米以外に事業を展開していくことにもたけているので、『シュプリーム』にとってもいい取引だと思う。一方で、ストリートウエアは終わったとする意見もあり、今後どうなっていくかを注視する必要がある」と語った。

 同氏はまた、買収に当たって「シュプリーム」の企業価値がEBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前利益)の15倍弱程度で算定されたことについて「妥当だと思う」とし、「VFCのブランドポートフォリオにぴったり合う取引だ」とコメントした。

この続きを読むには…
残り1986⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら