ファッション

買収された「シュプリーム」は今後どうなる? 業界関係者やアナリストが語る

有料会員限定記事

 「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「ヴァンズ(VANS)」「ティンバーランド(TIMBERLAND)」などを擁するVFコーポレーション(VF CORPORATION以下、VFC)が、シュプリーム(SUPREME)を21億ドル(約2184億円)で買収して大きな話題となっている。大企業の傘下に入る「シュプリーム」は今後どうなっていくのか、業界関係者やアナリストの意見を紹介する。

アナリストは「双方にプラスがある取引」と分析

 米証券ウェルズ ファーゴ(WELLS FARGO)のアイク・ボルーチョウ(Ike Boruchow)=マネジング・ディレクター兼シニア・リテール・アナリストは、「VFCは何年も前からアクティブウエアやライフスタイル事業、そしてD2C事業に注力したいと言っていた。これらは利益率が高く、グローバル展開も容易な分野だからだ。『シュプリーム』の買収は、こうした要件を全て満たしている。VFCは北米以外に事業を展開していくことにもたけているので、『シュプリーム』にとってもいい取引だと思う。一方で、ストリートウエアは終わったとする意見もあり、今後どうなっていくかを注視する必要がある」と語った。

 同氏はまた、買収に当たって「シュプリーム」の企業価値がEBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前利益)の15倍弱程度で算定されたことについて「妥当だと思う」とし、「VFCのブランドポートフォリオにぴったり合う取引だ」とコメントした。

この続きを読むには…
残り1986⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら