ファッション

米「ザ・ノース・フェイス」親会社が「シュプリーム」を買収

 「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「ヴァンズ(VANS)」「ティンバーランド(TIMBERLAND)」などを擁するVFコーポレーション(VF CORPORATION以下、VFC)がシュプリーム(SUPREME)を21億ドル(約2163億円)で買収する契約を締結した。

 創業者のジェームス・ジェビア(James Jebbia)およびシュプリームの主要なメンバーはブランドに残り、引き続きニューヨークに拠点を置く。
 
 この買収により、VFCは少なくとも5億ドル(約515億円)の増収となる予定だ。スティーブ・レンドル(Steve Rendle)VFC会長兼社長兼最高経営責任者は、米「WWD」のインタビューでシュプリームが変わらずに運営されることを強調した。

 ジェビア創業者は「私たちは、長年一緒に仕事をしてきた素晴らしいブランドを擁する世界的な企業であるVFCに参加できることを誇りに思う。このパートナーシップは、私たちの独自の文化と独立性を維持しつつ、1994年以来の同じ道を歩んできた私たちのさらなる成長を可能にするだろう」と声明を発表した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら