ファッション

新型コロナ ビジネスの先行き曇らす 日本企業は生産の正常化に多くの壁、欧米企業は業績への影響不可避

有料会員限定記事

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスの感染拡大で、ファッションビジネスは先行きの見えない状況が続いている。中国では2月10日から企業活動が再開されたが、店舗も工場も正常化には程遠い。“世界の工場”であり“世界一の市場”でもある中国の停滞が長引けば、そのダメージはグローバルに及ぶ。(この記事はWWDジャパン2020年2月17日号からの抜粋です)

 日本のアパレル企業にとって中国は、いまだに7割近く(数量ベース)を生産する圧倒的な拠点だ。中国政府は新型肺炎の感染抑止のため春節(旧正月)休みを2月9日まで延長し、10日からは多くの企業活動が再開される予定だった。しかし、感染被害が比較的軽いエリアの工場、あるいはライフラインである食品や医薬品などの業種は復旧に向けて動き出したものの、衣料品の工場はなかなか見通しが立たない。

工場の再開遅れ 検品所も動かず

この続きを読むには…
残り2560⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら