ファッション

新型コロナ ビジネスの先行き曇らす 日本企業は生産の正常化に多くの壁、欧米企業は業績への影響不可避

有料会員限定記事

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスの感染拡大で、ファッションビジネスは先行きの見えない状況が続いている。中国では2月10日から企業活動が再開されたが、店舗も工場も正常化には程遠い。“世界の工場”であり“世界一の市場”でもある中国の停滞が長引けば、そのダメージはグローバルに及ぶ。(この記事はWWDジャパン2020年2月17日号からの抜粋です)

 日本のアパレル企業にとって中国は、いまだに7割近く(数量ベース)を生産する圧倒的な拠点だ。中国政府は新型肺炎の感染抑止のため春節(旧正月)休みを2月9日まで延長し、10日からは多くの企業活動が再開される予定だった。しかし、感染被害が比較的軽いエリアの工場、あるいはライフラインである食品や医薬品などの業種は復旧に向けて動き出したものの、衣料品の工場はなかなか見通しが立たない。

工場の再開遅れ 検品所も動かず

この続きを読むには…
残り2560⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。