ファッション

「バレンシアガ」のオートクチュール再開は来年夏に延期 年1回の発表でメンズも提案

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、新型コロナウイルスの影響で今年7月のファッション・ウイークがデジタルでの開催になったために延期となっていたデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)=アーティスティック・ディレクターによる初のオートクチュール・コレクションを、来年7月に披露する。従来の春夏と秋冬という年2回ではなく、シーズンレスな年1回のみの発表にしぼり、より時間をかけた“特別”なアイテムを制作。伝統的なオートクチュールにおけるジェンダーの概念を覆し、メンズ向けにも提案する。また、「クチュールはじかに見る必要があるもので、スクリーン上で見せることはできない」というデムナの考えから、形式はリアルなランウエイショーを予定する。

 一方プレタポルテに関しても、パリ・ファッション・ウイーク(以下、パリコレ)中にショーで披露してきたメイン・コレクションとルックブックで公開してきたプレ・コレクションの発表時期を入れ替える。デムナはここ数年、同じインスピレーション源やストーリーを出発点に、メインとその次のプレを含む一つの大きなコレクションを制作してきた。今後は、プレを2月下旬から3月上旬と9月下旬〜10月上旬のパリコレで発表し、その後、6月と12月にメインを披露する。9月28日〜10月6日に開催される21年春夏パリコレでは、10月4日にデジタルで2021年プレ・フォール・コレクションを披露する予定だ。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。20年2月からWWDジャパン欧州通信員

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら