ファッション

「バレンシアガ」のオートクチュール再開は来年夏に延期 年1回の発表でメンズも提案

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、新型コロナウイルスの影響で今年7月のファッション・ウイークがデジタルでの開催になったために延期となっていたデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)=アーティスティック・ディレクターによる初のオートクチュール・コレクションを、来年7月に披露する。従来の春夏と秋冬という年2回ではなく、シーズンレスな年1回のみの発表にしぼり、より時間をかけた“特別”なアイテムを制作。伝統的なオートクチュールにおけるジェンダーの概念を覆し、メンズ向けにも提案する。また、「クチュールはじかに見る必要があるもので、スクリーン上で見せることはできない」というデムナの考えから、形式はリアルなランウエイショーを予定する。

 一方プレタポルテに関しても、パリ・ファッション・ウイーク(以下、パリコレ)中にショーで披露してきたメイン・コレクションとルックブックで公開してきたプレ・コレクションの発表時期を入れ替える。デムナはここ数年、同じインスピレーション源やストーリーを出発点に、メインとその次のプレを含む一つの大きなコレクションを制作してきた。今後は、プレを2月下旬から3月上旬と9月下旬〜10月上旬のパリコレで発表し、その後、6月と12月にメインを披露する。9月28日〜10月6日に開催される21年春夏パリコレでは、10月4日にデジタルで2021年プレ・フォール・コレクションを披露する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら