ファッション

「バレンシアガ」のデムナ・ヴァザリアがプレイリストを公開 限定コレクションも合わせて発売

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)=アーティスティック・ディレクターは10日、「デムナズ プレイリスト(Demna’s Playlist)」と題したプレイリストをアップルミュージックに公開した。プレイリストは彼自身が影響を受けたという楽曲を計182曲収めたもので、アップルミュージックの同ブランドキュレーターページを通して入手できる。

 同プレイリストには、英バンドのシャーデー(Sade)やバリー・マニロウ(Barry Manilow)、ジョージ・マイケル(George Michael)、マリリン・マンソン(Marilyn Manson)、カニエ・ウェスト(Kanye West)、レディオヘッド(Radiohead)、由紀さおりらの楽曲をセレクト。また2020-21年秋冬の広告キャンペーンに起用したカーディ・B(CARDI B)の楽曲も収録されている。

 またプレイリストの公開に合わせて“Hello, My name is Demna”と書かれたタグを用いた限定コレクションを発売。Tシャツや長袖Tシャツ、フーディーを用意し、価格は6万9300〜11万6600円。一部店舗またはブランドのオンラインストアから購入可能だ。デムナ=アーティスティック・ディレクターはこの試みについて、「このプレイリストは音楽を通じた自己紹介であり、また私自身を表現するもの。そしてそれが、“Hello, My Name Is Demna”と呼ぶ理由だ」とコメントした。

 さらに今後もデムナ=アーティスティック・ディレクターが選ぶアーティストのプレイリストを「バレンシアガ」のキュレーターページに公開し、それらのアーティストのコンサートグッズのような限定コレクションも手掛けていくという。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら