ファッション

デムナ・ヴァザリアが去る「ヴェトモン」 ハイライト10シーンをプレイバック

 デムナ・ヴァザリア (Demna Gvasalia)が、自身のブランド「ヴェトモン(VETEMENTS)」を去る。ヴァザリアは当面パリで「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のクリエイティブ・ディレクターに専念するようだ。

 ヴァザリアは「ヴェトモン」の2015-16年秋冬ショーをパリのゲイクラブの薄暗い地下部屋で開催したり、オーバーサイズのトレンチコートや、カニエ・ウェスト(Kanye West)やジャレッド・レト(Jared Leto)も愛用したパーカなど、常に新しく刺激的なファッションを生み出して人々を魅了してきた。

 ヴァザリアの、肩が大きく袖が長いビッグシルエットは瞬く間にトレンド全体に影響を与え、800ドル(約8万6500円)のロゴ入りパーカは熱狂的なスニーカーコレクターやファッショニスタの間で大人気アイテムとなった。

 DHLのTシャツからライターヒールブーツまで、「ヴェトモン」の歴史を10のシーンに分けて振り返る。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら