ファッション

デムナ・ヴァザリアが設立した「ヴェトモン」を去る 「バレンシアガ」に専念

 デムナ・ヴァザリア (Demna Gvasalia)が、自身が5年前に設立した「ヴェトモン(VETEMENTS)」を去る。現在38歳のデムナは、当面「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のクリエイティブ・ディレクターに専念するようだが、「新たな冒険を始める」ともしている。デムナの弟でブランドの最高経営責任者を務めるグラム・ヴァザリア (Guram Gvasalia)は、「『ヴェトモン』は、バラエティー豊かなクリエイティブの集合体。私たちはこれからも、むしろ今まで以上にコアを守りながら、才能ある人々の純粋なクリエイションを重んじつつ、ブランドの世界を押し拡げる」とのコメントを発した。

 デムナは自身のブランドについて、「当時のファッションに飽き飽きしていたから『ヴェトモン』を立ち上げた。ブランドの誕生以降、ファッションの世界は変わり、新たな扉が開いたと思う。当初の目標は達成した。ブランドを支える組織も磐石となり、次のチャプターに進む時が来たんだ」と語る。

 デムナの退任がブランドに与える影響は極めて大きそうだが、ブランドは「成長と拡大の時期だ。新たなプロジェクトや、驚きのコラボレーションが進行している。まもなく発表できるだろう」とのコメントを発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら