ファッション

デムナ・ヴァザリアが設立した「ヴェトモン」を去る 「バレンシアガ」に専念

 デムナ・ヴァザリア (Demna Gvasalia)が、自身が5年前に設立した「ヴェトモン(VETEMENTS)」を去る。現在38歳のデムナは、当面「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のクリエイティブ・ディレクターに専念するようだが、「新たな冒険を始める」ともしている。デムナの弟でブランドの最高経営責任者を務めるグラム・ヴァザリア (Guram Gvasalia)は、「『ヴェトモン』は、バラエティー豊かなクリエイティブの集合体。私たちはこれからも、むしろ今まで以上にコアを守りながら、才能ある人々の純粋なクリエイションを重んじつつ、ブランドの世界を押し拡げる」とのコメントを発した。

 デムナは自身のブランドについて、「当時のファッションに飽き飽きしていたから『ヴェトモン』を立ち上げた。ブランドの誕生以降、ファッションの世界は変わり、新たな扉が開いたと思う。当初の目標は達成した。ブランドを支える組織も磐石となり、次のチャプターに進む時が来たんだ」と語る。

 デムナの退任がブランドに与える影響は極めて大きそうだが、ブランドは「成長と拡大の時期だ。新たなプロジェクトや、驚きのコラボレーションが進行している。まもなく発表できるだろう」とのコメントを発表した。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら