ファッション

「ヴェトモン」から7月に新ブランド 「全てのジェンダーに向けたアイテム」を手掛ける

 ヴェトモン(VETEMENTS)は7月22日、新しいブランドを発表する。グラム・ヴァザリア(Guram Gvasalia)共同創業者兼最高経営責任者(CEO)は、ブランド名は明かさなかったが、コレクションは「ヴェトモン」とは異なる美学を持つと述べた。メンズウエアやメンズのテーラリングに着想をえているものの、「全てのジェンダーに向けたアイテム」を手掛けるという。

 新ブランドは、「若い世代が才能を発揮できる多次元プラットホーム」と掲げるヴァサリア・ファミリー・ファウンデーション(Gvasalia Family Foundation)のもとで運営する。ヴェトモンは同ファウンデーションについて、「コワーキングスペースやコラボレーションを歓迎し、従来のコングロマリット(会社)とは異なる形態で運営する。教育、技術開発、生産、サプライチェーンおよび財政支援を提供することで、トレンドや既存の枠組みにとらわれないユニークなブランドを生み出す場」と発表した。なお、今後発表するブランドはファッション系とは限らないという。

 「ヴェトモン」は6月25日、2022年春夏パリ・メンズ・コレクション期間中にティーザービデオで新ブランドについて発表。同日に、モスクワのコンセプトストア「KM20(ケーエムトウェンティ)」内のカフェで第二弾となるファーストフードメニューの販売や、同事業のグローバル展開の計画を発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら