ビジネス

しまむら3〜5月期、売上高、営業利益ともに過去最高を記録

 しまむらの3〜5月期業績は、本業のもうけを示す営業利益が130億円(前年同期は12億円の赤字)となった。売上高は前年同期比33.2%増(コロナ禍前の一昨年同期比では6.7%増)の1425億円。第1四半期(3〜5月期)としては営業利益、売上高ともに過去最高を記録した。

 短期生産の活用などにより値引きを抑制したことで、売上高の7割以上を占める主力の「ファッションセンターしまむら」業態で、粗利益率が33.3%と前年同期に比べ3.6ポイント改善した。全社の粗利益率は34.3%で、同3.7ポイントの改善。店舗作業の効率化や、テレビCMを廃してデジタル販促に注力したことなどにより、販管費は同6.7ポイント圧縮した。

 「ファッションセンターしまむら」業態の既存店売上高は、前年同期比33.9%増(一昨年同期比では3.7%増)だった。自社ブランド(PB)やサプライヤーとの共同開発ブランド(JB)拡充によって商品力を強化。ティーンズ・ヤング層向けのトレンド商品やインフルエンサー企画商品などを週次で販促と連動して打ち出し、その分値引き打ち出しを削減した。また、動画広告は期中に17本作成(前年同期は3本)。新聞折り込みチラシとウェブチラシのバランスの見直し、地域別チラシなどにより販促面を強化したことも実った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら