フォーカス

環境問題にはポジティブに立ち向かえ

有料会員限定記事

 昨今、各社のサステナビリティの取り組みはますます活発になっている。最新テクノロジーを用いて商品や素材を開発するスポーツ企業や、新ブランドを立ち上げて意思を表明するアパレル企業など、各社のアプローチはさまざまだ。一方で、資本力が潤沢でない中小のデザイナーズブランドにとってハードルが高いという印象は否めなかった。リメイクや残布を用いたクリエイションを展示会で紹介される機会は増えたものの、ビジネスになる可能性を感じたのは正直ごくごくわずかである。環境保護には賛成だけれど、自分が取り組むには壮大すぎる――。そんな風に身構えていた人は、自分自身も含めてきっと少なくはないはずだ。しかし最近は、共感できる取り組みも増え始めている。(この記事はWWDジャパン2020年9月14日号からの抜粋です)

 本号P.10-11で紹介したデザイナーズブランドは、ただ「人の生活を豊かにしたい」という思いを届けるための手段の一つとして環境保護の要素がある“だけ”なのである。「サステナビリティについては日本で一番詳しい自信がある」という石川俊介「テクスト」デザイナーの取材では、再生繊維やアップサイクルなどの専門的な話題になったのは1時間のうちのほんの数分。残りは国内外でオーガニックな原料の生産に取り組む産地の人たちの仕事を守りたいという思いを語る時間がほとんどで、その強い気持ちに胸を打たれた。環境保護について個人で何ができるかを考えるときに、「その先に人の顔を思い描けるかどうか」が自分ごと化するための一歩であり、サステナビリティをもの作りで伝え、それを継続するためには、ビジネスとして成立するかが前提とした上で「みんなが楽しくポジティブであることが大切だ」とも述べた。元「イッセイ ミヤケ メン」の高橋悠介が立ち上げた「CFCL」や、繊維商社のヤギと協業して残布を作り変えるプロジェクトに挑む「ココ」も、作り手のポジティブな気持ちがクリエイションからにじむからこそ共感できる。

この続きを読むには…
残り617⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら