ファッション

「バレンシアガ」がオートクチュール再開を発表 7月に発表する20-21年秋冬から

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」が、メゾンの原点といえるオートクチュールを再開する。2020年7月にパリのオートクチュール・ファッション・ウイークで発表する2020-21年秋冬物が、アーティスティック・ディレクターのデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)によるオートクチュールのデビューとなる。同ブランドは創業者のクリストバル・バレンシアガ(Christobal Balenciaga)が1917年にスペインでスタートし、37年にパリのジョルジュサンク通り10番地にアトリエを移した。オートクチュール再開にあたり、同場所に当時のサロンを再現したアトリエを設けるという。オートクチュールの復活は、クリストバル自身がメゾンを閉めた1968年以来52年振り。

 ヴァザリアは、「オートクチュールはこのメゾンの礎。『バレンシアガ』にオートクチュールを復活させることは、クリエイティブで夢のような任務だ。私にとってオートクチュールは、創造的自由である未開のモードであり、イノベーションのプラットフォーム。ドレスメーキングにおける新たな領域の可能性を提示するだけでなく、ブランドのモダンなビジョンをそのオリジンへと戻す。オートクチュールとは流行を超越している」とコメントしている。

 セドリック・シャルビ(Cedric Charbit)バレンシアガプレジデント兼最高経営責任者は、「オートクチュールは、過去数年間のブランドの非常に優れた成果により成し得たこと。オートクチュールのための専門チームを作り、ジョルジュサンク通り10番地にアトリエを設けることは、ブランドのさらなる展開における極めて重要なステップだ」と語っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら