ファッション

「ナイキ」が初のマタニティーライン 授乳可能なスポブラやトップス

 「ナイキ(NIKE)」は9月17日から、初のマタニティーライン“ナイキ エム(NIKE M)”を自社ECサイトで販売する。アイテムはタンクトップ 45ドル(約4700円)、スポーツブラ 55ドル(約5700円)、レギンス 60ドル(約6300円)、トップス 85ドル(約9000円)の4種類を用意。レギンスはウエストバンドを太めに作ってあり、妊娠中は体に沿って伸び、産後には折りたたんで着用できる。スポーツブラとトップスはそれぞれ授乳も可能だ。

 素材は70素材の中からテストを行い、リサイクルされたブロンズなど9種に絞った。それぞれのアイテムで、レギンスは83%のリサイクルされたポリエステル、タンクトップは88%のリサイクルされたポリエステル、トップスは78%のリサイクルされたポリエステルと10%のオーガニックコットンを使用。いずれも優れた伸縮性を持ち、汗などを吸収しながら湿気を逃す効果があるという。

 これまでにも「ナイキ」は幅広いサイズを展開することでインクルージョン(包摂・包括性)を打ち出してきたが、今回の取り組みでその流れをさらに推し進める。新コレクションは妊娠中または産後のアスリート30人の協力を得て意見やアイデアを募り、開発に至るまで世界中から15万のスキャンデータを集め、妊娠を通して起こる身体の変化をリサーチして開発された。

 同ブランドは、「女性のスポーツにおけるキャリアで、母親になることはブランクではなく新たなステージへのスタートであるべきだ」とコメント。19年には妊娠した選手へのスポンサー料を減らしたことから批判を浴びたこともあったが、その後12カ月間の成績ベースの支払いの減額を廃止し、20年現在その期間は18カ月になっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら