ファッション

「ナイキ」が名品“ダンク ロー サンバ”を19年振りに復刻 

 「ナイキ(NIKE)」は8月21日に、2001年に日本限定企画の「CO.JP(コンセプト オブ ジャパン)」で発表した日本限定モデル“ダンク ロー サンバ(DUNK LOW SAMBA)”を復刻する。公式アプリ「NIKE SNKRS APP」やスニーカーショップの「アトモス(ATMOS)」で取り扱う。価格は1万1000円で、サイズは23.0〜30.5cm。

 19年振りに復刻する“ダンク ロー サンバ”は、発売当時のカラーを忠実に再現した。ネイビーとグレーをベースに、サイドのスウッシュとアウトソールには“サンバレッド”を採用。またトゥーボックスとミッドパネルにはブルーのシェードカラーをあしらい、ミッドソールとシューレースをホワイトにすることで、全体の印象をレトロに仕上げた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら